仮払金(役員貸付金)の解消

仮払金とは、法人が役員に貸し付けている金額のことを指します。実際に役員が借り入れているケースもあれば、経理処理上やむなく役員貸付金として計上している場合もあります。

仮払金は少額であれば問題になりませんが、膨らんでしまうと対外的な信用問題に発展する危険性があります。特に金融機関から借り入れを行う場合、仮払金が原因で融資を断られる例が数多くあります。融資が下りないと経営計画を大幅に見直す必要があるため、ビジネスチャンスを逃してしまうことになりかねません。このような事態を回避するためにも、仮払金は早急に解消する必要があります。

仮払金の解消方法

法人への返済が完了すれば、当然ながら仮払金は消滅します。しかし高額な場合、月々返済していたのでは、いつまで経っても仮払金が残ってしまうため、融資を受けることができません。つまりこの問題を上手に解決するためには、まとまった返済資金が無くても短期間で解消させる必要があります。

当社のノウハウを活用すれば、生命保険とファイナンスを組み合わせて、短期間で仮払金を解消することが可能です。通常、ファイナンスを引く場合には担保提供が必要となりますが、当プランでは担保をご用意頂く必要はございません。使用するファイナンス会社は知名度の高い大手企業となります。

当プランは仮払金の在り方によって、依頼するファイナンス会社も異なってきます。そのため詳細につきましては、まずはお問い合わせをお願い致します。なお、取組み可能な保険会社、ファイナンス会社ともに年々減少傾向にあるため、お早めにお問合わせ頂くことをお薦め致します。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら ※保険代理店「ライフィ」のお問い合わせページに移動します